リクルートエージェント

数ある転職エージェントの中で、ブランド力と知名度のあるリクルートエージェント。インターネット広告などで名前を見たことがある方も多いでしょう。

今回は、転職活動に大いに役立つリクルートエージェントは、どのような仕組みなのか、利用者の口コミも併せて紹介します。転職を検討している方や、転職活動中の方も、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントとは?特徴を解説

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1※1
  • 手厚いサポート
  • 非公開求人数は約10万件

※1参照:https://www.r-agent.com/

大手転職エージェントサイトの中でも、リクルートエージェントは業界屈指の求人数を誇っています。また、求人数だけではなく、幅広い職種や業界に対応している点も魅力です。

他の転職エージェントでは見つからなかった職種の求人も、リクルートエージェントなら見つけることができるでしょう。職務経歴書エディターという履歴書が簡単に作れるサービスもあり、はじめての転職活動でも安心です。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
公開求人数 約100,000
求人更新頻度 随時(非公開求人が多いため)
得意分野 全業種実績有

出典:https://www.r-agent.com/

転職支援実績No.1

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の人材紹介です。サービスを選ぶ際には、実績があるかどうかは重要なポイント。実績で他社を圧倒しているので安心して依頼できます。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

手厚いサポート

リクルートエージェントは手厚いサポート体制にも注目です。提出書類の添削をはじめ、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供など転職サポートが充実しています。

初めての転職活動であれば、誰しも分からないことがあるものです。不安なこと・分からないことがあっても、バックアップ体制が整っているので迷わず一歩踏み出せます。

非公開求人は約10万件

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人数を誇っています。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人の数は10万件以上です。

非公開求人の中には一般には公開されていない、優良案件も少なくありません。より自分にマッチした求人を見つけられるでしょう。

公式サイトの文言によります。

パーソナルデスクトップのログイン方法とは?

まずはじめに、リクルートエージェントを利用する上で欠かせないのは、パーソナルデスクトップであるといっても過言ではありません。うまく活用すれば、転職活動をスムーズに行うことができます。

パーソナルデスクトップとは

リクルートエージェントでは、自分専用のパーソナルデスクトップというサイトを利用できます。ログインすれば、転職活動に役立つ情報などを閲覧することが可能です。以下が、パーソナルデスクトップでできることです。

「パーソナルデスクトップでできること一覧」
  • おすすめの求人を一覧で確認する
  • 開催予定のセミナーの紹介
  • 担当者との連絡
  • 応募した求人情報の確認
  • 職務経歴書などが作成できるレジュメ機能
  • 面接後のアンケート回答

上記の中でも、転職活動をしている方にとって、レジュメ機能は大変役立ちます。キャリアシートや職務経歴書などを作成することが可能です。

完成した職務経歴書はパーソナルデスクトップ上でいつでもアップロードできるため、応募の際の手間が短縮されます。

パーソナルデスクトップのログイン方法

パーソナルデスクトップが便利であることは分かりましたが、どのようにログインすればよいのでしょうか。パーソナルデスクトップのログイン方法は、下記の通りです。

ログイン方法
  1. リクルートエージェントに登録する
  2. 数日~1週間程度で登録完了メールが届く
  3. メールに記載のURLをクリック
  4. パーソナルデスクトップのログイン画面が開く
  5. 「IDかメールアドレス」と、「パスワード」を間違いなく入力する

リクルートエージェントの登録が済めばすぐに利用できるわけではない点に注意が必要です。メールが届いたらすぐに利用開始できるように、迷惑メールなどの設定がある方は外しておきましょう。

注意点としては、求人情報などの紹介は、キャリアアドバイザーの面談完了後でないと見られないことです。転職活動に活用していくためには、できるだけ早い段階でキャリアアドバイザーの面談を受けましょう。

 利用する中で、IDやパスワードを忘れてしまった場合は、ログインができなくなってしまいます。

ログインの際に必要となる情報は、しっかりと管理しておくようにしましょう。

リクルートエージェントの口コミや評判について

ここからは、リクルートエージェントを実際に利用した方の口コミや評判について紹介します。

「自分の希望に親身になって相談に乗ってくれたり、多くの求人を提案してくれたりと条件を比較できたのが良かったです。

「提案数は多かったのですが、希望内容と違う案件も混じっていました。」

サポート面の手厚さに満足です。面接や履歴書の対策もしっかりできました。

企業面接前のアドバイスが的確で分かりやすかったです。面接のレベルアップを実感できました。

「各サポートはさすが最大手と行ったところです。他社ではない求人も多くありましたし、結果的に転職できたのでよかったです。」

 

総評として、キャリアアドバイザーである担当者の対応はとてもよいようです。リクルートエージェントでは、実績のある質の高いサポートで、希望通りの転職を導いてくれます。

また、業界トップクラスの求人数を魅力に感じる方も多い印象です。一方で、求人情報紹介システムには使い勝手の向上を求める声が複数ありました。

リクルートエージェントの退会方法・注意点は?

転職先が見つかる、転職を辞めるなどの理由で、リクルートエージェントを退会する場合には、どうすればよいのでしょうか。

【注意】退会時は個人情報を削除しよう

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントを退会する際は、個人情報を全て削除してから退会することがおすすめです。ごく稀ですが、企業が持つ顧客情報が漏れてしまうという事件が起きているからです。

実際に、リクルートでも2017年に「リクルートエグゼクティブエージェント」で、顧客情報が流出する事件が発生しました。含まれていた情報としては、以下のようなものです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 生年月日
  • 性別
  • 出身学校名
  • 勤務先社名
  • 年収情報など

    これらの情報が外部に漏れてしまうことは、避けたい方がほとんどでしょう。

     普通の手順で退会をしても、個人情報は残ったままになってしまいます。

    STEP1:リクルートエージェントの退会フォームから退会を申し込む

    まずはじめに、リクルートエージェントのサイトから、退会手続きを申し込みます。必要事項を入力すれば、3分以内で簡単に退会することが可能です。

     注意点としては、お申し込み受付番号が必要となる点です。リクルートエージェント登録時に届いたメールに記載されていますので、確認しましょう。

    メールが見当たらない方は、リクルートエージェントのフリーダイヤルに問い合わせれば、番号を教えてもらえます。

    STEP2:リクナビNEXTの退会フォームから退会を申し込む

    リクルートエージェントを登録する際、「リクナビNEXTに同時に登録する」という欄にチェックが入っていた場合、リクナビNEXTにも登録されてしまっています。

    知らないうちに登録してしまっている方も多いので、気を付けましょう。この場合、いくらリクルートエージェントを退会しても、リクナビNEXTは退会されていません。

     心当たりがある方は、一度登録を確認しましょう。

    リクナビNEXTの退会方法は、マイページにログイン後、各種設定から「退会」をクリックするだけの簡単なものです。

    STEP3:個人情報の削除を依頼する

    退会手続きを行う際、この項目は最も重要です。リクルートエージェントに限らず、転職エージェントサイトは、退会しても一旦登録した個人情報は残ったままになっています。

    これを知らずに、退会手続きだけを行う方は多いです。大切な個人情報を守るためにも、別途、個人情報の削除依頼は必ずしておきましょう。

    リクルートエージェントサイトの「転職支援サービスお問い合わせフォーム」にアクセスしたら、下記の文言を入力します。

    リクルートエージェントに登録した一切の個人情報の削除を依頼します。

    消去後、メールにて連絡をお願い致します。

    お問い合わせフォーム送信後、数日でリクルートエージェントから本人確認連絡が来ます。連絡方法はメールか電話なので、対応して削除してもらいましょう。

    リクルートエージェントの面談や職務経歴書添削について

    口コミでも評価の高かったリクルートエージェントの面談や職務経歴書添削ですが、どのような仕組みなのでしょうか。それぞれを見ていきましょう。

    リクルートエージェントの面談について

    面談では、将来のキャリアプランについて相談の上、転職活動をどのように進めていくかを決定します。

    面談時間

    面談時間は相談内容にもよりますが、だいたい2時間以内であると考えておきましょう。面談後に予定のある方は、希望終了時刻をあらかじめ伝えておくと安心です。

    何も方向性が定まっていない方の場合、キャリアを見直しておくことからスタートすることもあります。このようなケースでは、時間がかかることが多いので、時間には余裕を持っておきましょう。

     キャリアプランは、今後の人生を左右する大切なものです。焦らず、相談しながら慎重に考えましょう。

    面談で話す内容

    転職エージェントをはじめて利用する場合、どのような内容を話せばよいのか、迷う方もいるでしょう。特に事情がある方の場合は、伝えるべきか悩むこともあります。担当者に伝えるべきかどうかを、ケースごとに紹介します。

    1、職歴が複数あるケース

    職歴が多く、全てを把握できていない、全てを話すと時間がかかるというケースです。派遣先が変わり、勤務先が複数ある方もいるでしょう。

    そのような場合には、あらかじめ担当者にその旨を伝えておくことがおすすめです。勤務先が複数ある場合の応募書類の書き方や、職務経歴書の書き方についてアドバイスをもらうことができます。

    2、転職理由がネガティブな内容であるケース

    転職理由が解雇やトラブルなどのネガティブな内容である場合、言いにくいと感じる方が多いでしょう。しかし、できるだけ転職エージェントには事実を伝えることがおすすめです。

    理由を知ることで、より自分に合ったサポートを受けられることがあります。前職に不満があったなどの場合は、同じような条件の企業にならないよう、企業先を探してくれる可能性もあります。

    3、何もスキルがなく、強みがないケース

    面接でアピールできるような強みがないという方もいるでしょう。素直に担当者に伝えましょう。一緒にアピールポイントを探す中で、自分では気づかなかった強みを見つけてくれる可能性があります。

    面談のポイント

    転職エージェントの担当者には、守秘義務があります。そのため、面談の中で担当者に話したことは、企業に伝わることはありません。

    企業に聞かれる心配のある答えにくい質問や、ネガティブな情報についてどのように対策すればよいか、どんどん相談することがおすすめです。転職エージェントの担当者は数々の人材を採用に導いてきた、転職のプロです。

     悩んでいることを正直に話せば、受け答えの方法や、アピールの仕方について知ることができるかもしれません。

    同じ答えであっても、説明の仕方によって受け手である企業の印象は大きく変わります。言いにくいことも思い切って相談すれば、ヒントを得ることができるでしょう。

    リクルートエージェントの職務経歴書添削

    リクルートエージェントでは、職務経歴書の添削サービスを行っています。通過率がアップするアドバイスや書き方のノウハウを教えてもらえるため、転職の際には積極的に活用したいサービスです。

    職務経歴書添削をするタイミング

    職務経歴書の添削は、面談の際に一緒に行うケースが多いです。また、求人の応募前に添削してもらうこともできます。

    職務経歴書の書き方が分からない、難しいと感じている方こそ、アドバイスを受けることがおすすめです。

    採用基準を満たすスキルや経験がある方でも、職務経歴書でうまくアピールできなければ、不採用となってしまいます。

     せっかくの強みを無駄にしないためにも、職務経歴書の添削サービスは積極的に活用していきましょう。

    職務経歴書添削の流れ

    担当者や状況によっても異なりますが、通常の流れは以下の通りです。

    職務経歴書添削の流れ
    1. 職務経歴書を担当者に提出する
    2. 質問事項をまとめて聞く
    3. 添削を受け、改善する

    早く添削を受けたいという方は、面談前にあらかじめ提出しておくことがおすすめです。事前に提出することで、面談の際に添削後の職務経歴書をもらうことができます。

    また、書き方が分からない部分や、質問したいことがある場合は、まとめておけば、漏れなく回答を得ることができるでしょう。

    一度添削を受けたあとも、継続して添削は受けられます。少しずつ改善を繰り返せば、満足できる職務経歴書が完成するでしょう。

    リクルートエージェントにアプリはあるの?

    リクルートエージェントでは、便利なアプリを配信しています。アプリでは、冒頭にお伝えしたパーソナルデスクトップを見ることができます。

    毎回インターネットページを検索する必要がなく、ログインもスムーズであるため、おすすめです。転職活動をよりスムーズに行うためにも、ダウンロードしましょう。アプリはiPhone版とAndroid版の両方が配信されています。

    アプリでできること

    リクルートエージェントのアプリで利用できるサービスは、以下の5つです。

    アプリ機能一覧
    1. 求人検索
    2. 職務経歴書の作成・応募
    3. 選考状況のチェック
    4. 職務経歴書添削
    5. 求人票・企業レポートの確認

    1、求人検索

    求人検索では、非公開求人を含めた全ての求人から検索が可能です。詳細条件を指定することもできるため、外出先や休憩時間でも手軽に求人を確認することができます。

    また、気になった求人情報は保存することも可能です。求人を比べて検討したい場合にも便利なサービスでしょう。

    2、職務経歴書の作成・応募

    必要な項目を入力していくだけで、応募に使える職務経歴書をアプリで作成することができます。職務経歴書は、自分で1から作ると手間がかかるものです。また、パソコンで作る方も多いでしょう。

    しかし、リクルートエージェントではアプリ内で簡単に職務経歴書が作れるため、忙しい方でも効率よく転職活動ができます

    3、選考状況のチェック

    アプリで、応募した求人の選考状況をチェックすることができます。チェックできる項目としては、以下の4つです。

    「選考状況一覧」
    • 応募済
    • 書類通過
    • 面接選考
    • 内定

    求人に複数応募している場合、全ての選考状況を把握するのは大変です。

     アプリで状況を見ることができれば、管理をする必要がなくなるため、転職活動に専念することができます。

    4、職務経歴書添削

    職務経歴書の添削サービスは、アプリでも依頼することが可能です。作成後、メールで送るだけで簡単に添削を受けることができます。スマホがあればいつでもどこでも作成可能なので、忙しい方にもぴったりでしょう。

    5、求人票・企業レポートの確認

    リクルートエージェントのアプリでは、リクルーティングアドバイザーが収集した企業の情報を見ることができます。

    これらの情報は、求人票・企業レポートとしてまとめられています。ライバルが知らないような面接に役立つ情報などもゲットできるチャンスなので、かしこく活用しましょう

    まとめ

    ここまで、リクルートエージェントの仕組みや口コミについて紹介しました。リクルートエージェントは、圧倒的な求人数と上質なサポートが魅力の転職エージェントです。

    大手ならではの実績のあるサポート体制で、希望通りの転職先を見つけることができます。また、職務経歴書の添削や面接対策をしっかり利用すれば、通過率はさらに高まるでしょう。

    これらのサービスは全て無料で利用できます。転職を考えている方は、一度リクルートエージェントに相談しましょう。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事