未経験からエンジニアへの転職は難しい?転職成功のポイントとは

IT系の職種の中でもエンジニアといった技術職は、未経験での転職は難しいといわれています。しかし、IT化が進むにつれてエンジニアの需要は増加。多くの企業がエンジニアの求人を出しています。

そのため「未経験だけどエンジニアに転職したい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、未経験からエンジニアに転職する方法を紹介。成功のポイントや手順、おすすめの転職エージェントなど、必要な情報をまとめています。ぜひチェックしてみてください。

未経験には難しい?エンジニア職の現状と将来性

未経験からエンジニアを目指すときは、エンジニア職の現状や将来性を理解しておくのがおすすめです。

実際に、エンジニアは技術職なので未経験からの転職は難易度が高くなるでしょう。ここからはエンジニア職全般について、現状と将来を紹介して行きます。

エンジニア職の現状と将来性
  • 業界は慢性的に人手不足
  • 未経験からでも転職は可能

業界は慢性的に人手不足

エンジニア職が求められるIT業界は、近年の技術発展によりさまざまなシステムが生まれているため需要は高まっています。実際にIT企業だけでなく、一般企業でも自社システムの開発に力を入れていることが増えているでしょう。

しかし、多くの企業でエンジニアの数が需要に追いついておらず、慢性的に人手不足な状態です。

これから先もエンジニアの需要は高まっていくと見られているため、エンジニアを目指しての転職はチャンスがあるといえるでしょう。

※参照:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

未経験からでも転職は可能

現在では、エンジニアの数が不足しているため転職しやすい職種といえるでしょう。未経験でも転職を受け付けている企業はあります。

 未経験の人材を採用する企業は、社内で教育するケースが一般的です。

ただし、多くの企業は経験豊富なエンジニアを求めているので、未経験だと転職の不利になるでしょう。未経験から転職をするためには、業界の知識と基礎的な技術が求められます。

エンジニアとはどのような仕事がある?

「エンジニア」と一言で表しても細かい職種で業務内容は大きく異なります。エンジニアを目指すのであれば、まずはどのような仕事があるのか把握しておきましょう。

エンジニアの仕事の種類
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • Webエンジニア・フロントエンドエンジニア
  • インフラエンジニア

プログラマー

プログラマーは名前の通り「プログラミング」を行う仕事です。主に担当者が企画・作成した設計書をもとにプログラミング(コーディング)を行い、システムを構築していきます。

プログラマーはコーディング作業だけでなく、システムが仕様書の通りに動作するのか確認したり、バグやエラーなどを発見したりするのも仕事です。担当する分野によって使用するプログラミング言語が異なるので注意しましょう。

システムエンジニア

システムエンジニアはシステムやソフトウェアの設計や開発をするのが仕事です。プログラマーが基本的なコーディング作業を行うので、その設計書・仕様書・指示書を作成するのが主な仕事です。

システム開発プロジェクトチームのリーダーであるため、人員管理や予算管理などの業務やチームをまとめるコミュニケーション能力が求められます。

Webエンジニア・フロントエンドエンジニア

Webエンジニアは名前の通り、Webサイト・アプリケーションの設計・開発を行うエンジニアです。WebエンジニアはWebサイトなどの設計・開発から運用までWebに関すること全般が仕事内容になります。

プログラマーと違い、Webサイトのセキュリティやネットワーク構築なども範囲になるため、幅広い知識と技術が求められます。

フロントエンドエンジニアは、Webサイトで実際にユーザーが操作する部分のエンジニアです。業務範囲は限られますが、ユーザーの使いやすさに直結しているので、非常に重要な役割です。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、社内のIT環境の基盤を構築・運用する仕事です。インフラエンジニアはサーバエンジニアとネットワークエンジニアに分けられます。

メールやデータベース、基幹システムなどの構築や運用を行うのがサーバエンジニアであり、ネットワークの構築・運用を行うのがネットワークエンジニアです。社内のIT基盤を支えるために必要不可欠な存在といえるでしょう。

未経験からエンジニアになるための手順

未経験からエンジニアになるためには、必要な手順を踏む必要があります。では、どのようにすればエンジニアになるのか手順を見ていきましょう。

未経験からエンジニアになるための手順
  • プログラミングの技術を身に付ける
  • エンジニアの業界について知る
  • 身に付けた知識・技術をアウトプットする

プログラミングの技術を身に付ける

エンジニアとして転職をしたい場合、プログラミングを行える知識と技術が必要です。少なくとも自分が希望する仕事に関するプログラミングの基本はできるようになる必要があるでしょう。

 たとえば、Webサイトを作りたい場合はHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を理解しており、知識やプログラミングの技術を習得する必要があります。

このような基本的な知識や技術がない場合、仮に転職できたとしてもコーディングを行わない仕事を割り振られる可能性が高いでしょう。

エンジニアの業界について知る

プログラミングの知識や技術を身に付けたら、エンジニアの業界について知ることも大切です。未経験の場合であれば、実務経験がないので面接の質問に答えられないでしょう。

「せっかく知識や技術があったとしても、企業にマッチした仕事ができなければ高い評価は期待できません。」

「求人の情報をよく調べて、企業がどのような人材を求めているのか把握しましょう。」

エンジニアとして転職するためには、自分ができること・やりたいことだけでなく企業が求めている人材に近づけるかどうかも重要なポイントです。

身に付けた知識・技術をアウトプットする

プログラミングの知識や技術があっても全く経験がなければ採用される可能性も下がる傾向にあります。未経験の方であれば、成果物を企業に見せるのがおすすめです。

例えば、オリジナルのアプリを作ったり、Webサイトを作ったりすることで学んだ知識・技術をアウトプットできます。アウトプットしたものがあれば、企業もエンジニアとしてのやる気・意欲を判断しやすいでしょう。

未経験からエンジニアになるための重要ポイント

未経験からエンジニアへの転職を目指す場合、知識・技術を身に付けるためにプログラミングの勉強が必要になります。

しかし、闇雲に勉強すれば良いというわけではありません。ここからはプログラミングを勉強するときの重要なポイントを紹介します。

重要なポイント
  • やりたいこと・学びたい言語を決める
  • 学ぶ方法を決める
  • 実績を残す

やりたいこと・学びたい言語を決める

プログラミングを勉強すると決断したら、最初に「自分は何をやりたいのか?」考えてみましょう。

 プログラミングをするためにはプログラミング言語を覚える必要がありますが、プログラミング言語の種類は多くあり、全てをマスターするのは無理があります。

そのため、自分のやりたいこと・興味があること、転職市場で需要がある分野に関連した言語を決めると良いでしょう。

学ぶ方法を決める

学ぶプログラミング言語を決めたら次に学ぶ方法を決めます。プログラミングに関する書籍を購入して勉強する独学や、プログラミングスクールに通って学ぶなどの方法があります。

学ぶ方法は学習効率と費用の高さでバランスが取れているため、便利な学習方法は費用が掛かるので、費用面や学習時間を考慮して自分に合った勉強方法を選びましょう。

実績を残す

未経験から転職する際は、エンジニアとしての実績が大切です。

 実務経験がなくプログラミングについて学習したのであれば、学んだ内容をもとにアプリケーションやWebサイトなどを作ってみましょう。

現在では、無料で利用できるツールでアプリなどの開発を行えるので、学習の結果として形があるものを作ることで、転職の際のアピール材料になります。

未経験からエンジニアになる注意点

プログラミングを学ぶときにはいくつかの注意点があります。ここからは未経験からエンジニアに転職するなら知っておきたい、注意点を解説します。

3つの注意点
  • 独学は挫折しやすく時間がかかる
  • オンライン学習が増えている
  • 転職保証のスクールもある

独学は挫折しやすく時間がかかる

プログラミングを学ぶとき、多くの方がプログラミング本を購入して独学で進めるでしょう。

 しかし、プログラミングを独学で勉強することは、費用を安く抑えられるメリットがあるものの時間が非常にかかります。

そのため、独学はプログラミングの経験はないもののIT業界で働いた経験がある方などにおすすめです。全くの未経験から独学でプログラミングの学習を進めると挫折する可能性が高いため、おすすめできません。

オンライン学習が増えている

最近では、実際の教室に通うスクールではなくオンライン学習のサービスも増えています。

 オンライン学習であれば教室に通う必要がないので、時間を有効活用できます。

最初は無料で利用できるものや初心者向けの講座なども充実しているので、初めてプログラミングを学ぶ方でも勉強しやすいでしょう。

転職保証のスクールもある

最近では、転職保証を行っているスクールもあります。このようなスクールであれば、費用を抑えてプログラミングを学ぶことができ、全ての講座をクリアすると転職先を紹介してくれます。

「勉強した内容をそのまま活かせるため、エンジニアとしての経験を積みたい方におすすめです。」

「転職先を自由に選べないのがデメリットですが、学んだ内容を実践できますよ。」

未経験の方におすすめのプログラミングスクール

では、未経験の方にはどのようなプログラミングスクールが良いのでしょうか。ここからはおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

未経験の方におすすめのプログラミングスクール
  • TECH CAMP
  • GEEK JOB

TECH CAMP

TECH CAMPは、プログラミング未経験者をわずか10週間でエンジニアに養成する講座もあり、ユーザーだけでなく企業からも評価されています。

専属トレーナーがおりユーザーにとって最適な学習計画を立ててくれるので、効率良く学習を進められるでしょう。講座によって受講期間は異なりますが、費用や受講内容によって自分に合ったものを学べます。

さらにキャリアアドバイザーによる転職支援も行っているので、未経験からエンジニアへ転職したい方におすすめです。

GEEK JOB

GEEK JOBは20代・第二新卒・フリーターを対象にしたプログラミングスクールです。未経験からエンジニアへの転職成功率は97.8%もあります。

さらに受講料は無料であり、GEEK JOBが提携している500社の企業から正社員の求人を紹介してもらえます。勉強する時間が決まっているため、スケジュールを立てにくいのが難点ですが、費用をかけずに未経験からエンジニアに転職しやすいスクールです。

※参照:https://camp.geekjob.jp/

未経験でもエンジニアへの転職を成功させるポイント

未経験の方がエンジニア職に転職するときには、いくつかのポイントを押さえることで成功率がアップします。ここからは未経験でも転職を成功させるためのポイントを紹介します。

未経験でも転職を成功させるためのポイント
  • 転職の全体的なスケジュールを立てる
  • 自己分析を行う
  • 転職・選考に関する情報を収集する
  • 転職エージェントを活用する

転職の全体的なスケジュールを立てる

まずは転職の全体的なスケジュールを立てます。これからプログラミングの勉強をするのであれば、その時間も考えなければなりません。

「転職のスケジュールが決まれば、先のことを見据えた行動ができるようになり、心に余裕を持って転職活動できるでしょう。」

自己分析を行う

転職活動の全体的なスケジュールが見えてきたら、プログラミングの学習と並行して自己分析を行います。

まだプログラミングの学習を進めていない場合は、自分のやりたいことや興味のあることから学習するプログラミング言語を決めると良いでしょう。

未経験からエンジニアへ転職する場合は「なぜエンジニアを目指したのか?」と聞かれることがほとんどなので、自己分析を徹底して行い対策する必要があります。

転職・選考に関する情報を収集する

転職の成功率を高めるためには、企業側が何を求めているのか情報収集することも大切です。

 特に未経験のエンジニアを募集している求人の場合、「やる気がある人材を社内で育てたい」という企業もあれば、「誰でもできる仕事をやってくれる人が欲しい」という企業もあります。

自分がやりたいことと企業が求めていることが一致していなければ、転職は失敗してしまうので、求人の内容を見極めるためにも十分に情報を収集しましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは無料で利用でき、転職を効率良く進めるためのサポートをしてくれます。

応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられるだけでなく、エンジニア未経験の方などに質問内容なども教えてくれるので、効率良く対策を行えるでしょう。

エンジニア未経験の方におすすめの転職エージェント

転職エージェントにはさまざまな種類があり、その中にもエンジニアに特化したものがあります。ここからはエンジニア未経験の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

エンジニア未経験の方におすすめの転職エージェント
  • ワークポート
  • リクルートエージェント

ワークポート

ワークポートは、IT・エンジニア・ゲーム関連の求人に強みがある転職エージェントです。業界を絞っているので、より具体的なアドバイスを受けることができ未経験にも対応している求人を紹介してくれます。

運営会社 株式会社ワークポート
主なサービス(機能) 求人紹介

履歴書・職務経歴書作成ツール「レジュメ」

カウンセリング

書類作成・面接対策

公開求人数 約30,000件
求人更新頻度 随時(非公開求人が多いため)
得意分野 IT・エンジニア系

出典:https://www.workport.co.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界トップクラスの転職エージェントであり、膨大な求人数と充実したサポートが強みです。

ワークポートのように特定の業界に特化しているわけではありませんが、求人数の母数が多くIT・エンジニア系の求人も多く保有しています。未経験可の求人とも比較的出会いやすいでしょう。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
主なサービス(機能) エージェントサービス

職務経歴書エディター

面接力向上セミナー

担当者面談

公開求人数 約100,000件
求人更新頻度 随時(非公開求人が多いため)
得意分野 全業種実績有

出典:https://www.r-agent.com/

まとめ

エンジニアは専門的なスキルを要するため、他の職種に比べて未経験から転職が難しい職種と言えます。しかし、現在エンジニアは人手不足なので未経験からでも転職することは可能です。

エンジニアへの転職を成功させるためには、プログラミングの知識・技術を身に付けるなどの対策が必要です。しっかり対策を行えば転職の成功率も上がるでしょう。

未経験からエンジニアを目指す方は、自分に合った方法で是非チャレンジしてみてください。

※参照:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事